「病院でなく天国へ」 5歳の少女が選んだ最期

泣けるニュースです。
5歳のジュリアナ・スノーさんが装着している人工呼吸器 BIPAP(バイパップ)は彩と全く同じ物なので尚のこと涙・・


記事 https://www.cnn.co.jp/usa/35084364.html?ref=yj

20才の自分へ

彩が小学校の卒業記念に書いてタイムカプセルに収めた作文です。
この僅か3年後に病に倒れてしまった。
IMG_4036.JPG
IMG_4037.JPG
IMG_4039.JPG


限界?

3月末までの予定だった面会制限が延長になった。
コロナ拡大中だから、いつまでなのか見通せない。
あと少しだ、もうすぐだ、と思って我慢してきただけに心が折れた。
彩のこと大事にしてくれた大好きな看護師さん達6人も4日後には退職してしまう。
気持ちが気持ちが・・・。

悲しい

家内の具合がようやく良くなってきたと喜んでいたら、今度は我が家の愛猫が今日の昼に亡くなった。
20年前、家の裏に捨てられいたのを飼いはじめた。人間で言うと100歳くらいかな。
よくベッドに潜り込んでいて、彩が「私のベッドに変な物体がいる!」と笑ったものでした。
158434510110564896090-thumbnail2.jpg

心労

コロナによる面会不可、彩の不調などの心労からか家内の具合が一向に良くならない
16年前、彩が倒れてから先月まで家内が彩に会えなかった日数は3日位しかない。
用事で夜遅く帰宅した時も、5分だけでも顔を見たいと病院に出かけていた。
それが、先月27日以降今日で15日目を迎えた。
バカな両親のせいで健康だった娘を取り返しのつかない体にしてしまい、不憫で不憫で、出来る限りの事をしてあげたいと日々頑張っています。
もう少しの辛抱だ。我慢我慢。
家内は10年前に心臓の手術をして、年に1度その病院で診察があります。
それが明日なので、この不調も併せて診てもらう。

懐かしい・・・

2008年の3月1日から10年間、カンガエルー・ネットさんで書いていた、彩に関するブログ「エルビスさんの日記」がサイトのトラブル?で表示がされなくなって、それきりになっていましたが、たまたま検索したら部分的に見ることが出来ました。
下にリンクを張ります。
2008年3月
1.jpg

元気?

今日、彩が使う物を届けに病院へ行きました。
面会は出来ないので、看護師さんに頼んで写真を撮ってもらいました。
治療で点滴中でもあり、元気がなさそうに見えて悲しくなりました。
早く会いたいよー。
IMG_4913.jpg

不安

病院から電話で、彩の発熱が繰り返されていることと、血液検査の炎症反応値が悪化しているとの連絡があった。
3日前にも同様の連絡があって心配していましたが、原因が分からぬままなので、とても不安です。
取り敢えず点滴を開始するとのこと。
彩は血管がものすごく細いので大変です。
何とか良い方向に向かって欲しい。
彩に会えなくなって12日、心が折れ続けている。
彩も頑張っているんだからと、自身に言い聞かせてはいるが。

病院からの電話なんてろくな事がない。
16年前、彩が危篤状態の時など家の電話が鳴る度にドキッとして、そういう時に限って夜中に間違い電話がかかってきたり。

健康第一


我が家の2人目の外孫は4月7日が出産予定日ですが、切迫早産で入院治療を受けて実家で安静中なので、多分3月中に生まれると思っています。

年度替わりが予定日の人は、早生まれだとデメリットが多いから、出来れば4月2日以降の遅生まれを希望するらしいですが、こればかりは自然に任せるしかないですね。

そんなことより、無事に生まれて健康に育ってくれればそれで十分幸せってもんですね。

彩にとって2人目の甥っ子になります。彩おばちゃんも待ってるよ。

FILE0676-1_CHK.jpg

景色

私も娘も小学校時代の通学路は同じで、家を出てすぐの道からは綺麗な景色が望めます。
FILE1831_CHK.jpg

心配

今朝、病院から電話があって彩の38℃の発熱と炎症反応値の異常を伝えられた。
彩自身が、痛い・かゆいなど、症状を話す事が出来ないので原因がわかりにくく
いつも不安材料になっている。
彩は胆石があって、いつ悪さをするか分からないし・・。
私共も面会制限中で身動きが取れず、心配が増すばかり。
病院の皆様、どうかよろしくお願い致します。

不調

家内が3日ほど前から風邪で寝込んでいる

彩の所に行けなくなって1週間経ちました。

体の疲れは減っているはずなのにこの不調さは、やはり精神的な張りが途絶えたからなのでしょう。

私はというと、やけ酒で栄養が取れているから?軽い症状で治まっています。

これからの4週間、どうなることやら・・・

晴れ姿

姉の結婚披露宴で主役を食う程に美しかった彩です。
彩自身が結婚を望めない以上、この席を借りて目一杯綺麗に飾ってあげたかったのです。
0000.jpg

お茶

毎週火曜日は施設内で音楽集会があって彩も母親と参加していましたが、面会不可中なので連れて行ってあげられません。
いつもその集会のために他の親御さんも来ていたので、親同士の話もはずんで楽しかったのに残念です。
それでも今日は、子供には会えませんがそのメンバーと家内とでお茶をするらしくて、会話の内容を想像すると大盛り上がりとなること間違いなしです。(面会不可と看護師さん達の大量同時退職の件)
ついでに、毎日飲ませている(胃瘻チューブで)ヤクルトの補充の為に病院に預けに行きます。
先週持って行ったときは、看護師さんが気を利かせてくれて、エレベーターホールからガラス越しに見えるところまで彩を連れて来てくれたそうです。「思わず泣きそうになっちゃた・・」(母・談)

春祭り

私達の地区の春祭りは子供神輿や、お神楽の奉納があります。彩も子供クラブで毎年参加していました。
写真は17年前のものです。
今年はもしかしたらコロナウイルスで中止かも知れません
FILE2016_CHK.jpg
FILE2006_CHK.jpg
FILE2007_CHK.jpg
FILE2012_CHK.jpg

陽水の「少年時代」

陽水の「少年時代」は、彩が中学の吹奏楽部でも吹いていて演奏用の楽譜が残っています。

今でも思い出の曲としてベッド・サイドで時々聴かせてあげています。

1.jpg

さみしい

昨日から娘に会えずに悲しい。
一昨日、帰り際に「お父さんとお母さんは3月末まで来れないけど彩は強いから我慢できるよね・・オッケーだったら指で丸して」と言ったら、すぐに丸を作ってくれた。
弱虫な父と母です。

怒り

昨日に続いて不愉快な話を。
厚生労働省の外郭団体である「予防接種リサーチセンター」が不定期に発行している雑誌「手つなぎ」の第100号が来た。
理事長の挨拶ページを見ると、元厚生省のキャリア官僚(健康局長)下田智久氏がまだ理事長におさまっている。(ここにくる前もいくつか渡り歩いている)
官僚の天下りや渡りの根絶が叫ばれている時代に、思いっきり逆行する理事長人事!
予防接種の健康被害に関して言えば、加害者が被害者を食い物にしているようなものだ。
リサーチセンターなど廃止して、現在その運営にかかっている大金を被害者に分配しなさいよ。
1.jpg


悲しい

今日はダブル・ショックの日でした
彩がお世話になっている病棟の看護師さんが来月末でいっぺんに6人も退職するのを知った事と、インフルエンザやコロナ・ウィルス対策として、明日から親の面会も不可になった事の二つです。
看護師になって3年前後、やっと一人前になった働き盛りの若い人達ばかりです。
それぞれ理由はあるにせよ、皆さんを頼りにしてきた40人の重度心身障がい者が可哀想です。
代わりの人が来たとしても今のレベルに達するまでのロスはそのまま入所者の身に降りかかってきます。
それだけでもショックだったのに、私共は1ヶ月以上彩に会うことすら出来なくなりました。
感染拡大状況によってはもっと伸びるかも知れません。
何年も欠かさず毎日行って世話をしてきたのに、親として何もしてあげられません。
精神的な面も含めて、この事が彩の健康に悪影響を及ぼさないことを切に祈るだけです。


接種中止報道

2005年5月30日、彩の重体事例を受けて、国は日本脳炎予防接種の中止を発表。

TVニュース.jpg

当事者の私共は、この日のマスコミ報道によってその事を知りました。
馬鹿にするのも程がある!